スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
負けてはいられない
2006/05/29(Mon)
同期。

一生友達でいられるような。

出合って。
たったの2ヶ月でそう思えた仲間がそこにはいた。

自分はどうしたい?

どうなりたい?

こんな人がいるよ?

こんなことしてる人がいるよ?

何にでも興味が沸いてしまう。

自分の決意はどれほどあるの?





負けてはいられない。





揺ぎ無い信念の元に動いてる奴ってのは、

俺の目からは離れない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 投記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入社から一週間
2006/04/08(Sat)
4月3日に入社をしました。
今日から、ミクシー日記ではなく、
ブログ形式で書く事にする。

心配なのは、勝手に広告URLを貼られてしまうことである。
そして、研修の日々一週間。
正直眠い。座って朝から晩まで話を聞くだけの日々だったが、
先日、課でのお花見会がもようされて、その場にて、
うちの部の雰囲気が良くわかった気がする。
とても、いい人たちばかりで楽しく過ごせそう。
ただ一人の部長を除いて・・・。

CIMG021312036.jpg


いい日々というのはあっという間に過ぎるものだ。
今週はすぐだった。
ただ、土日の休みをイカニ楽しく過ごしてストレスを開放するかが、
今は問題かな。
たった2ヶ月の研修が終われば、71名の同期とばらばらになってしまう。
その前に、できるだけ思い出を作って、友達の輪を広げておきたい。

友達こそ、私の財産なのだから。
この記事のURL | 投記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
夢がある人ない人
2005/11/19(Sat)
やっぱ違うよね。

夢がある人無い人。

同じ時間を共有してても考えていることの素晴らしさが全く違う。

刺激し合える仲っていうのはソコなんだろう。

やっぱ私は一人じゃ生きれない。
この記事のURL | 投記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
反日、反中とかじゃなくて・・・
2005/07/20(Wed)
 私のゼミの先生は現在中国の北京大へ行ってしまっています。先日、先生にメールで『最近の反日の動きはありますか?』と聞いたところ、先生から心強い返信を頂いた。
CIMG0005.jpg

 反日感情がなぜ起こるのか。
 マジョリティの中国人は、現日本政府は「反中」政策をとっていると考えていて、それが、中国を侵略したかつての大日本帝国のイメージと重なってしまうということ。
 ではなぜ、今まで反日デモがここまで激化していなかったのか。そこのカギとなっているのはおそらく、中国人の反日教育によるものが多いと思うます。先日、TVで南京大虐殺など、博物館で展示している会場を目にした。そこには、親子連れで勉強に来ている人もいる。そういった物をみて、子供意見は『日本人は野蛮で恐ろしい』と口にしていた。
 最近の日本が、アジア侵略の歴史を美化しようとしているので、中国人の日本に対する恐怖心は、より高まってしまいます。もちろん、中国国内の矛盾にも問題はありますが、中国がこの先どのような国になるにしろ、日本政府が歴史認識を正しく持たない限り、日中関係、日韓関係は緊張し続けるでしょう。そうなったら、日本は孤立します。
 亜細亜連合など、できる日はまだ遠いだろう。けれど、この先、私達が中国の歴史と、韓国の歴史を敵視するのではなく、メディアや、報道の仕方も考えていかなくてはいけないと思う。100%お互いをマッチさせることなど無理です。けれども、少しでもお互いに協力しあって克服していかなくては、いけないわけですよね。
 これから先は、我々、若い人達がどう考えるかで、政府の意向も変わるでしょう。でなければ、日本は沈みます。問題は山積みですね。東シナ海天然ガス田境界線問題。竹島問題。靖国問題。戦艦進入問題。日中人権問題。さまざまな問題があるけれども、今私にできることは、中国、韓国の歴史認識を知ろうとしなければ、この問題に口を出すことを許されないということ。
 そして、何よりも私達若い人達が関心を持ち、歴史をどうみるかにかかっているのだと思います。
この記事のURL | 投記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
七里ガ浜海岸清掃
2005/06/26(Sun)
ただいまの時刻は2005年6月26日午前5時4分をまわることです。
先ほどまで友人4人と海岸清掃をしていた。
土曜の夜となると、若者が花火や黄昏に夜の海で満喫をしている。
そんな海はゴミで埋もれているのだ。


おはようございます。^^
Diousです。


大學4年間中はゴミの清掃を夏にかけてボランティア活動の一つとして活動してきた。
初めは、バイトとして海岸清掃をしていたけれども、今となってはバイト中でなく、友人とゴミ拾いをしている。


ゴミの分析をすると、タバコの数がダントツに一位で、次は、花火、ハッポースチロール。仲には、鳥の死骸や、犬の子供を放置して砂に埋もれている状態を拾った事もある。
見ていて悲しい。
一番近い私の地元の海、七里ガ浜。
どうして、キレイにしていたい。
誰にでも自慢できる海へと再生はすることは、僕らの力ではむずかしいだろう。
でも、少しでも防げるなら、俺の二つの手で守っていきたい。

みなさんはゴミ拾いをしたことありますか?
それも、1日に大量のゴミの収集を。

人が捨てるのは簡単なんだ。
だけど、拾うのには本当にくろうする。
屈伸運動をして、ゴミを拾う。

そんな言葉では単純であっても、本当にきつい行動なのだ。

これを読んだ喫煙者の方。
どうか、ポイステだけはやめてほしい。

携帯灰皿を持つ事の良さを知ってほしい。



どうか、少しでもゴミが海からなくなりますように。
この記事のURL | 投記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。