スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
あなたがタイプなの・・・
2006/05/13(Sat)
そんな言葉をいわれて今日は目が覚めた。

時刻は午前5時。ノドが痛くて風邪を引いていた。

今日は映画を見てちょっと現実逃避した日だったけれども、

すごく落ち着いて懐かしくて、気分もすっきりした日を過ごせた。

映画のタイトルは【きみに読む物語】。

夢の事だけど、どれくらいまで文章にできるかわからないが、

書き残して見たいと思う。

俺がどんだけ妄想男なのかがわかると思う。

読んで笑うと思うが、気にしないでね(笑)

とにかく記述を始める。

*************************************


実家の一階。

キッチンと応接間。洗濯場から外の物干し場にかけて、

夢に登場してきた。

そこで、なぜか鬼ごっこをしようと女の子に誘われる。

一階のキッチンに僕は隠れていた。

そのとき、応接間のほうから俺を探して女の子の声が聞こえてくる。

急いで俺は洗濯場を通り、外の物干し場に出た。

外は昼ごろなのに薄暗く雨が少し降っていた。

室内にある洗濯場に戻ろうとドアを開けると、

その女の子がいた。

『あ、みつけた』

そういうと俺を追いかけてくる。

俺は思わずドアを閉め、外に逃げ出そうとすると、

背後からこんな声が聞こえた。

『なんでよ!』

僕は振り返るとさっきまで鬼ごっこしていたはずの女の子ではなく、

俺も知らない見た事もない、かわいい女の子がいた。

その女の子は泣きながら俺を見ている。

少女『あなたがタイプなの・・・』

俺『?!・・!?・!?』

***************************************

そこで目が覚めた。

目が覚めると時計は朝の5時すぎ。

それが今日俺がみた夢だった。



話は変わるが、今日のそんな夢とは関係ないけど、

映画を見ました。

泣きました。

今日はこの映画のおかげで心がしっとりとした気分になってました。

泣ける映画みたい人は是非レンタルして見て欲しいな。

しばらく恋をしていない人も見るといいかもしれない。

kiminiyomumonogatari



【きみに読む物語】http://kimiyomu.jp/
---療養施設で暮らす認知症の老女に、年配の紳士が物語を読み聞かせる。それは古き良き時代の、切なくもまばゆい恋愛物語だった。運命的な恋を繊細に綴った感動の純愛ドラマ。---
【予告辺映像】
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<負けてはいられない | メイン | 仕事と両立>>
コメント

妄想は妄想なんで、気にしないわよ^^
ってか私も特別な時には妄想あるしw
その後の君が気になるけど・・・

泣ける映画っていいね!まずはジブリで癒されようっと♪

2006/05/15 19:35  | URL | みぃ #-[ 編集] |  ▲ top

泣きたいあなたにこの映画をお勧めします。
みぃさん。

2006/05/15 23:33  | URL | Dious #-[ 編集] |  ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://dious.blog9.fc2.com/tb.php/119-a67ef8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。