スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
OB・OG訪問をせよ(Diousの就職活動日記)
2005/05/15(Sun)
この記事が、きっと誰かのためになることを祈りつつ記述を進める。
この内定への道は大学生諸君に向けて記述するものである。
記述に対する書き込みや、トラックバックなどは好きにやってもらって結構です。
少なからず、この記事を読んでいる方は就職活動に必死になっている人なはず。
自信をもって、自分自身が良いと思ったことだけを参考にして頂きたい。
--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------

~OB・OG訪問をせよ~
私が実際に実行したOB・OG訪問について、話を進める。

就職活動が始まって一ヶ月が経った3月に、OB訪問を行った。
まず、大學の就職課で先輩を探したら10人もいた。しかし、入社したのが20年も前のことだった。つまり、その人達は40歳以上の人達ばかりである。私は、なるべく若い人の方が話が合うのではないかと考え、今度は企業に頼みのメールを送信した。
その実例を書きに記述する。




○○○ソフト株式会社
 人事部採用グループ担当御中

 ○○○学院大学 ○○学部 ○○学科 3年Dious(狩)と申します。

 現在、就職のための企業研究を行っており、貴社の会社HPを拝見させていただきました。
特に第一官庁ソリューション事業部の○○さんの記事を読ませて頂いて、防災システムのことに強い関心を持ちましたので、貴社につ
いてさらに詳しく勉強させていただきたいと思っております。
そこで、OB・OG訪問をさせて頂きたいと思い、メールをしました。大学側にOB・OG訪問の相談をしたところ、就職課では紹介をしていないと言われましたので、貴社の方で、社員の方をご紹介をしていただけませんでしょうか。

 お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

     メールアドレス:tenten-install@kba.biglobe.ne.jp
  住所:〒000-0000
              ○○県○○市○○1-11-11
       電話:090-0000-0000(留守番電話あり)
          0000-00-0000(自宅用)





メールをした。

次の日には丁寧なメールで返信が来て、人事部を通してのOB訪問は行っていないとのことを言われた。
しかし、この行動をした事で、自分に他人との差を一歩実感することができた。実際にこの企業の最終面接で、このメールのことが人事の手元に来ていたのだ。そして詳しく内容を教えていただけたのである。

自分が努力をしているんだという証にできたのではないだろうか。


ただし、OB訪問がすべて良いというわけではない。
私の最悪の経験を話そうと思う。
大學でOBを紹介してほしいと頼んだところ、ある学生が、無言キャンセルなどして、就職課に苦情の電話が来たらしいのだ。就職課から、うちの大學は今年はOB紹介を拒否すると言われた。最悪である。
絶対にこのようなことをしないで頂きたい。なによりも、OB訪問は『人』との繋がりで成り立っていて、信頼があるわけだし、こちらから、お願いを申しあげているのだ。なのに、その一人のせいで、信頼も繋がりも、すべてが、おじゃんだ。


~OB訪問で気を付ける事~
本当に基本的な事だが、学生にはできない人も多いことを知って頂きたい。次に列挙する。
①言葉使いは、間違っても良いから、誠意ある態度で臨む事。
②待ち合わの時間の20分前には集合場所へいること。
③質問事項を挙げておくこと。
④ノート・筆記用具類は必ず持ちいり、積極的に書き留めること。


書くのも恥ずかしいが、本当に基本的な事。
OB訪問をするのが目的でなく、OB訪問で知りたい事を知る事が大切。それが面接での話題に繋がると大きく企業分析できたことになると私は考える。私は5人の方にOB訪問をしてきたが、すべて身になったと言える。が、、、一社だけ、人事の方が隣にいたせいで、本音を語ってくれなかった時があった。ホントに悔しかった。

私が必ず質問して来た事に次の事がある。

『失礼と思いますが、御社の実態を知りたいがために、社内の本音を聞かせてください。○○さんが思う、御社の悪い面はなんだと思いますか?直すところはありますか?』

という、質問である。

ある企業の人によっては、

『んーそうだねぇ。机の整頓ができてないから、そこをなおせばいいんじゃない?』

とか、簡単な答えしか言ってくれなお企業もあった。
企業の悪い本音を外へ洩らすのは、確かに、よくないことであるけれど、私は、そういうこともしっかり言ってくれる風通しの良い企業へ入りたいと考えていた。残念だが、OB訪問した結果受ける気は積極的にはならなかったが、これが自分の目で見た、OB訪問をして得た『情報』なのである。



~最後に、OB訪問へをする人へのアドバイス~
 その場の雰囲気を楽しんでください。きっとOBの方も仕事で忙しい合い間をぬって、その場に来てくださるんだし、笑いある時間にね^^
スポンサーサイト
この記事のURL | 内定への道(就職活動) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お知らせ | メイン | 噂を容易に信じないこと(Diousの就職活動日記)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://dious.blog9.fc2.com/tb.php/52-8bd1e642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。