スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
リップルウッド(外資系投資会社)
2005/06/13(Mon)
『米投資会社リップルウッド・ホールディングスのティモシー・コリンズ最高経営責任者(CEO)は22日、東京都内で記者会見し、日本企業向け投資ファンドの持ち株会社をベルギーの株式市場に上場させ、1000億円を超す日本向け資金を調達した、と発表した。同氏は「日本ではまだ根本的な業界再編が進行しており、魅力のある投資機会は多い」と述べた。 』
2005年04月23日00時02分 asahi.com

 今日の午前11時頃の10chで、リップルウッドの投資した旭日テック会社のことがやっていた。旭日テックは倒産寸前までいき、株価78円まで下落したときに、リップルウッドの投資により、247円まで高騰したという話しだった。

 そもそも最近話題の『新生銀行』について興味があって、丁度、今日のTVでやっているのを見て詳しく知ることができた。旧日本長期信用銀行(現新生銀行)は、このリップルウッドによって再建したもので、国の補助金で助かった企業ではないことに驚いた。

 ちょっと待ってよ?銀行までもが外資に乗っ取られたっていうことなのかな。詳しくまだ調べて無いからわからないけれども、ライブドアのホリエモンが言っていたことで『日本の放送業界も、いずれは外資に乗っ取られる時期が来る』とか言っていたけど、それもまんざらではなくなる気がした。まー現在の日本企業は法律や憲法で守られてたりするから、『今』はないと思うが。

 現にアメリカの放送業界で、株で乗っ取りをした企業がいて、放送がその企業のことばかりを流していたら、視聴率が下がって終わった話を友人から聞いたけれども、例えば、ネット業界にアナログ的マスコミ業界が乗っ取られるということならば、うまくノウハウをあわせ持って、放送業界のTOP(世界レベル並み)になれるチャンスがあるのではないだろうか。

 
 
 今、日本市場で注目される株とは、何よりも外資が目をつけているという情報が手には入れば、一気に儲けるチャンスがあるってことが浮き彫りとなったことが言えるはずだ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 製品・企業 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<薄くて平らなスピーカーがあったら。 | メイン | 『WinMX』に次ぎ、『iTunes』が2位>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://dious.blog9.fc2.com/tb.php/70-9befe7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。